Polygon Actor®

親しみやすく、
わかりやすく。

ポリゴンアクター®︎は3DCGです。実写の俳優とは違いますが3DCGならではの、3DCGだからこそ効果的なこともあります。
架空の存在であることのメリットをご紹介いたします。実写やイラストなどとの違いをお楽しみいただけます。

ポリゴンアクター®︎でできること

アニメーションが簡単にできる

モデルの代わりにイラストを使用することはあるでしょう。その場合必要な枚数分のイラストを描く必要があります。しかし3DCGであるポリゴンアクター®︎はポーズを変更するだけであらゆるポーズや表情を得ることができます。

仮想空間との相性が抜群!

現存しない、もしくは撮影できない場所の写真や映像との合成も可能です。生身では危険なアクションも問題ありません。彼らはどんなシーンでも活躍できます。

可能なカスタマイズ

服装
髪型
肌や目、髪の色
声(基本設定の声優あり)

選択可能な背景

TVスタジオ(モーニングショー)
リビング
舞台(設定は自由)
・金融機関窓口
※続々追加予定

人の動きをコピーする写し撮る。

モーションキャプチャー

体中にセンサーを取り付け、人の動きを読み取ります。そのデータはあらゆるキャラクターに反映することができます。一度作成したモーションはライブラリとして管理することができ、省力化とコストダウンを図れます。

フェイシャルモーションキャプチャ

豊かな表情を生み出す秘密はこれ。役者の表情を余すことなく読み取ります。微妙な感情の変化も視線の動きもそのまま写し撮ります。
一人の俳優が何役もこなすことが可能となり、大幅なコスト削減を実現します。

モーションキャプチャー

Noitom社のPERCEPTION Nuronを採用。
全身から手の指の動きまで再現可能です。
挨拶や歩きなどの基本モーション、キャラクターごとの特徴的な動きはライブラリ化することで流用が可能です。

※磁場の影響を受けやすいため、環境によっては正確に撮れない場合があります。

フェイシャルモーションキャプチャー

スマートフォンを顔の前に固定(ネックスタンド)し、役者が顔の演技をします。その表情がそのままCGキャラクターに転用され、まるで人間のような複雑な表情を再現することが可能です。