Polygon Movie

3Dのキャラクターで動画を制作するとはどういうことなのでしょうか。なぜ実写撮影ではなくCGを使うのでしょうか。その特徴とメリットをご紹介します。

実写撮影はお金がかかる

実際に実写撮影の場合、どんなところにお金がかかるのでしょうか?
まずはスタジオ(もしくはロケ)、カメラマン、照明、音声、俳優、衣装、ヘアメイク、車両、運転手、お弁当…内容にもよりますが、たくさん費用が発生します。天気が崩れれば延期…スケジュール調整でさらに増額されます。
実写撮影のメリットはやはり生身の人間の演技がそのまま反映される点にあります。ただどうしても人件費や権利関係で費用がかかってしまう問題があります。

ポリゴン動画で圧倒的費用削減。

実写撮影と比べてポリゴン動画はなぜ費用が抑えられるのでしょうか?
その秘密は人件費を圧倒的に圧縮するためのアイディアと技術を投入しているからです。
カメラマン、照明、ヘアメイク、スタイリストは不要です。さらに撮影場所の確保もいりません。
そして人間の動作をコピーするモーションキャプチャーと、表情を写し取るフェイシャルモーション技術も取り入れていますので、CGのモーション作成時間を大幅に短縮します。このように極力費用が発生しないような工夫をあちらこちらに行っていますので安心していただけます。