リアルな舞台と、VR(仮想空間)の中で拡がる舞台。新しい世界で舞台芸術の可能性を広げてみませんか?

VR映像・配信

VRとは

VRは「Virtual Reality」の略で、「人工現実感」や「仮想現実」と訳されています。VRによって「限りなく実体験に近い体験が得られる=疑似体験」できます。VRを楽しむためには、専用のヘッドセットとスマートフォン(アプリダウンロード)が必要です。

VRでできること

1.ゲーム
2.動画視聴(映画、舞台・ライブ観賞、スポーツ観戦など)
3.研修・トレーニング・技術継承
4.学校教育
5.PR(内覧)
6.仮想体験(ジム、アクティブティなど)